ラブリーに手を振って。

手取り15万円で首都圏一人暮らしする人

かぜっぴきの話。

先日、風邪をひいてしまいました。

ブログでネガティブな事ばかり言っているから、ですかね。

軽いものでしたが、有給を取った日に限ってガッツリ寝込んでしまいました。

もったいない。

 

ぼんやりベットに寝ころんでいたら、デジャブのようにアルコール依存で入院していた時のことを思い出しました。

 

あの時も晴れた日にぼんやりベットに寝ころんで、ほかの患者さんの会話を聞いていたな、とかお昼寝しててベットから落ちて笑われたな、とかそんな日々のことです。

 

あの時は本当に絶望的な毎日でした。

同じ様にベットに寝ころんでいましたが、生活は180度違っています。

 

あの時は毎日毎日何を考えて、なにを思って生きていたのかすごく曖昧でした。

外になんか出られないと思っていたし、内定は出たもののちゃんとした仕事は二度とできないと思っていました。

それが、こうも変わるとは。

 

脳細胞が死んだ感じは今でもします。

それでもアルコール無く、人生を生きられるようになったのは自分の中ではすごい進歩だなと思ったし、誇りに思っています。

 

断酒を始めてもう4年、まだ4年。

理解者を裏切らないよう、今日も断酒し続けようとかぜっぴきの頭で思いました。

 

 

そら